いろんなダイエットを試してきたけど何をやっても痩せない、痩せたと思ったらリバウンドしてしまう!

どうして痩せることができないのでしょうか?

原因と対策を探ってみましょう。

ダイエット方法が間違えている場合

テレビなどで紹介される「~ダイエット」に惑わされないで!

「○○を食べるだけダイエット」、「○○をするだけダイエット」世の中にたくさんあふれていますよね。

でもそのほとんどのダイエット方法が正しくないダイエット方法です。

確かに食事の前に何かを食べておなかを張らせ、食事量を減らせば摂取カロリーが減るのですから体重はある程度減るでしょう。

ですがその生活は続けられますか?

栄養バランスは保てていますか?

「○○をするだけダイエット」に関しては何かをするだけで、そのほかの生活はだらだらごろごろ、好きなものを食べていて本当に痩せるでしょうか?

そのダイエットをすることで安心してしまいいつもより暴飲暴食だらだら生活が悪化してしまったりしていませんか?

○○を食べるだけ、するだけダイエットはとてもお手軽で取り組みやすいですが、お手軽なだけあって効果も薄いのでせっかくやる気を出すのなら正しい方法を取り入れましょう。

やっているつもりになってしまっている

食事制限してる!運動してる!という気になってしまって実は質が悪かったり量が足りなかったりしていることがダイエットにはよくあります。

夕食は減らしているけどおやつはしっかり食べた

運動したけどしっかり麺類を食べた

心当たりありませんか?

本気で痩せたい、食事制限から始めよう!という場合には食事記録をつけるようにしましょう。

カロリーまでいちいち調べる必要はありません。

一口でも、ジュースでも口に含んだものは記録していき、毎日同じ時間に体重を計り一緒に記録するようにしてみましょう。

すると食べてなかったつもりのものをはっきりと「食べた」と認識し、その時体重が増えた理由も目に見えてきます。

記録をつけるだけで自然と食事制限に意識が向くので、食事記録だけで痩せたという方も多くいます。

書くだけでいいので何より簡単なダイエット方法です。

どうしてもやる気スイッチが入らない場合

痩せなければいけないことはわかっているけどどうしても生活習慣を変えられない。

どうしてもやる気が出ない。

そんな時どうしてますか?

「明日から頑張ろう」「来年から頑張ろう」にしてしまいますか?

それでももちろん構いませんが、やる気の出る方法も探してみましょう。

ライバル、同志、協力者を探してみよう

協力者を見つけよう

「実家暮らしでご飯が大量に出てくるから痩せられない」という方は家族に宣言しましょう。

痩せたいからご飯はあんまり食べられません、と言ってしまうことで協力してもらうのです。

また、飲み会や外食に友達とよく行くという方は友達に「ダイエット始める!」と宣言してもらうことで外食の回数を減らすようにしましょう。

優しい友達であればふとお菓子を食べようとしたときに止めてくれるかもしれませんよね。

ライバル、同志を見つけよう

同じぐらいの体型の友達や家族はいませんか?

その方と一緒にダイエットをしてみるというのはどうでしょうか?

人と競争すると誰であれある程度は「負けたくない」と思ってしまうものです。

ツイッターなどSNSをしている方であればダイエッターのユーザーとつながるのもオススメ。

「あの子は手を抜いてお菓子を食べたけど私はやめよう」と対抗心が生まれたりします。

もし一緒にダイエットに取り組んでくれる同志が見つかれば一緒にウォーキングに出かけたりスポーツジムに行ったり、情報を共有しあえますよね。

何かを始めるときは一人でやるよりも仲間がいたほうが効果は出やすくなります。
⇒ 痩せたいけど痩せれない人におすすめのダイエット法とは?

目的をすり替えてみよう

ダイエットをしようと思うからつらい、スイッチが入らないのであれば、「節約しよう」という目的にすり替えてみるのはいかがでしょうか?

日ごろのお菓子やジュース、ジャンクフードなどへの出費を軽減することでお財布的にもうれしいですよね。

車を使う回数を減らせば最近は値段が上がりがちなガソリン代の節約になります。

さらに付加効果としてダイエットにもなりますよね。

脳をリラックスさせてみよう

実はダイエットを頑張れないのはストレス社会で生きているため脳が疲弊してしまっている可能性があります。

現代は何もしていなくても雑誌やテレビ、スマホやパソコンから様々な情報を脳に送っています。

見ていないつもりでも目に入っていれば脳に情報として送られてしまうのです。

そのため脳が疲れ、甘いものや炭水化物、脂っこいものを求めてしまいます。

脳が疲れて甘いものを求めているのにダイエットで甘いものを減らしている・・・。

ストレスがたまり余計に食べ物を欲してしまいますね。

そのためダイエットを始めようというとき、あまり効果が現れないとき、どうしても体がついてこないという場合には「脳に休憩」を入れてあげましょう。

脳を休める方法

・アミノ酸を摂取する

アミノ酸を使って神経伝達をしている脳は、アミノ酸が不足しがちなので、黒酢やサプリメントで摂取して脳を手助けしてあげましょう。

・大豆ペプチドを摂取する

アミノ酸単体では吸収が遅く効果が出るまでに時間がかかることからアミノ酸が数個連なっている大豆ペプチドが注目されています。

まとまった数を摂取できるので効果が出やすいのが大豆ペプチドです。

・情報をシャットアウトする

情報の取りすぎで脳が疲れているのですから一度情報を絶ってみましょう。

目を閉じるだけでも効果が十分あります。

目を閉じるついでにホットアイマスクなどをすると目の疲れも癒せて一石二鳥ですね。

アロマや音楽を聴くのもオススメ。

・「~しなきゃいけない」、「頑張らなきゃいけない」をやめよう

自分を追い込むことはストレスを生み出してしまいます。

深呼吸をしてみたり「まぁいいや」とリラックスするだけでも脳に余裕ができます。

自律神経を整えよう

脳と同じように自律神経も情報社会の中で疲れている傾向にあります。

自律神経が乱れることで血行が悪くなり代謝が下がってしまいます。

自律神経を整えるためには交感神経と副交感神経をあるべきリズムに戻すようにスイッチを押してあげる必要があります。

自律神経を整える方法

・暗い色の照明に切り替える

・寝るぎりぎりまでスマホやテレビを見ない

寝る直前まで真っ白い照明でいるといつまでも交感神経のスイッチが入ったままになってしまいます。

そろそろ寝ようかなと思ったら照明の色を電球色、もしくは少しでも暗く落とすようにしましょう。

・朝ご飯をしっかり食べる

朝ご飯を食べることで脳に栄養が送られ交感神経にスイッチが入りますのでダイエット中だからと抜いてしまわずしっかりと食べましょう。

どうしても食べられないというときには白湯を飲むことで胃腸を活動モードに切り替えることもできますが、軽くでもいいので何か胃に入れてあげましょう。

・起きたらストレッチをする

布団の中でも構いません。

布団を出てからでも構いません。

ストレッチ、少なくとも伸びをして体に「ガンバレ!」と気合を入れてあげましょう。

寝る前にもストレッチをして1日の疲れをほぐしてあげるとなおGOODです。
⇒ 痩せたいけど痩せれない人におすすめのダイエット法とは?

どうしても痩せられない方へ

今までどうしてもダイエットが成功しなかった方、一度は痩せたけどリバウンドしてしまった方、ダイエットを難しいものだと考えすぎないでください。

少しずつ生活習慣を変えていけばいいんです。

自分にはできないと思うかもしれませんがそれはその習慣に慣れていないだけです。

慣れてしまえばきっとそれが当たり前になります。

急激に痩せる必要もないので少しずつの努力を積み重ねて大きな結果にしましょう。